シート設置工事

マイティーの工事は従来の工法よりもピン・杭の使用を55%以上削減した工法なので断線事故の発生率が低いです。

防草シートの設置工事はマイティーにご依頼ください。

マイティーに防草シート工事を依頼する6つのメリット

 防草シートの設置工事には明確なルールがありません。マイティーでは、土木専門家指導の下に正しい防草シート設置工事について研究た独自の圧着工法を開発しました。他社に工事を依頼するよりもマイティーに依頼していただいた方が、お客様に次のメリットを提供できます。
1.980円/㎡で防草シートの設置が出来る。(シート、施工含む)
2.見積金額が安い
3.ケーブル断線事故が少ない(売電ロスが少ない)
4.10年保証の防草シートで施工
5.お住まいと発電所が遠距離でも対応可能
6.保守・メンテナンスサービス(有料)

メリット1

980円/㎡で防草シートの設置が出来ます。

計算方法:太陽光発電所の敷地面積(㎡)×980円にて計算してください。(消費税別途)

980円/プランの見積条件は以下の通りです。
1.防草シートはマイティーシート150とします。
2.施工方法はマイティー圧着工法とします。
3.架台は直径150mm以下の杭とします。
4.除草費は別途とします。
5.整地工事は別途とします。
6.搬入路は2m以上であること。
7.最低面積は700㎡以上の施工とします。
8.工事中のケーブル断線に伴う修繕費は、施主様負担といたします。(但し、着工前に配線位置について示唆のあった箇所については除きます。)
9.支払い条件は、契約時30%、着工前50%、完成時20%とします。
10.工事時期はマイティーが指定する日時とします。

メリット2

他社と比べて工事内容が同じで、工事代金が安い

 マイティーが、全国で防草シート設置工事で見積提示をした場合、一般の工事業者と比べて防草シート工事代金が工事内容は同じで、安くなります。

その秘密は、マイティーが防草シートの卸売業者なので防草シート代金が他の工事業者に比べて安くお客様に見積を出せるからなのです。

メリット3

断線事故が少ない

 太陽光発電所への防草シート工事時に多いトラブルは、防草シートを固定する際に、杭(ピン)が電線を傷つけてしまう断線事故です。断線事故が起きてしまうとお客様の大切な売電が停止してしまいます。
 マイティーではシートのジョイントを圧着施工方法で施工する事によりジョイント部に杭(ピン)を使用しません。ですので、杭(ピン)を使う数量を従来の約55%以上少なく施工可能です。使用する杭(ピン)の数を大幅に減らすことで、断線事故の確率を減らすことを実現しました。

※設置面積が増えれば増えるほど、ピンの必要数の差が増えます。

メリット4

10年保証の防草シートで施工

 マイティーは、防草シートの卸売業者であると同時に、実は太陽光発電に古くから携わってきました。その中で太陽光発電所用の防草シートの開発を進めてきました。マイティーシートの開発コンセプトは、20年対応の防草シートでした。マイティーは、実証実験を経て10年保証の防草シートを開発したのです。

マイティーシートの美しい施工
メリット5

お住まいが発電所と離れていても対応可能

 太陽光発電所のオーナー様は、太陽光発電所と離れた地域にお住まいのケースが多いです。例えば右の図のように、発電所は埼玉県にあり、オーナー様は愛知県のケースです。マイティーではメール応対(必要に応じて電話)にて見積提出まで行いますので、発電所から離れた地域のオーナー様からの工事依頼を受付けております。
 また、契約書の締結は重要な事ですのでマイティーでは契約時には、必ずマイティーがお客様の下に訪問し面談の上ご契約書の締結をしております。

マイティーなら遠隔地でのお住まいのオーナー様対応可能です。

メリット6

保守・メンテナンスサービス(有料)

基本メンテ対応内容

 防草シートは設置した後に風(台風)による防草シートの切り口の拡大、破れ、動物被害といった予期せぬ理由で防草シート本来の機能に障害をきたすことがあります。マイティーでは、太陽光事業者様向けに防草シート保守メンテナンスサービス「マイティープラス」を取り扱っております。

20170903_153846

防草シートと構築物の間の隙間から新芽が出てきています。メンテサービスの一環で除去いたします。

20170903_155804

シート圧着部が開きつつあります。放置すると開きが大きくなるので、メンテサービスの一環で除去いたします。

20170903_153819

シート施工時の切込みが風等の影響で大きくなっています。放置すると切込みの拡大、新芽の発芽になります。

20170903_160200

シートジョイント部の修繕

担当者の紹介

rika (2)

田中 理加 東京都38才 2級造園管理技士

 実家が造園屋を営む田中さん、子供のころから現場に行くことが大好きでなおかげで造園の英才教育を受けていました。その結果、2級造園技士の資格を取得しました。防草シートの基本マイティーの防草シートの圧着施工方法にもアイデアを出してくれました。

お客様からのご感想

 太陽光発電所を購入した当時は、東京と埼玉なら近いので、除草は息子と自分でやりに行こうと安易に思っておりました。はじめのころは月に2回程度は太陽光発電所を見に行っておりましたが、今では3カ月に1度程度になっています。  マイティーさんの防草シート施工はとてもキレイで、工事後にメンテナンスも依頼して発電所をキレイに保っていただいております。
20150830_170324
I様
東京都
 太陽光発電所を購入して2年これまで「草」にはさんざん悩まされました。刈っても刈っても生えてくる。草を刈る度に業者がケーブルを断線する。余分な費用がどんどん出るばかりでした。防草シートを敷いてからはこれらのトラブルがなくなりました。保守メンテナンスをマイティーさんに依頼することで、架台のチェックやパネルの清掃もしてくれるので、発電量が安定しております。
20170903_153621
M様
群馬県
 私は、防草シートは費用が高く勿体ないと思っていました。ですので、太陽光発電所を買った当時は防草シートを敷いていませんでした。ところが、3年目から急に草が生えるようになったのです。調べてみると、造成後すぐには草が生えないが、数年して土に草の種が定着して、その後はどんどん草が生えるそうです。ですので防草シートを敷きました。
DSCF2271
H様
三重県
 4年前に発電所を購入しました。当時は投資用マンションと太陽光を天秤にかけ「太陽光はマンションと違い空室が無い」との販売業者に乗せられました。しかし、マンションは管理会社が管理をしてくれるのでオーナーが見る必要はなかったのですが、太陽光の販売業は引き渡し後はメンテを十分にしてくれません。マイティーさんには、防草シートの設置からお付き合いが始まり、今では発電所運営の様々なことを相談しています。
cropped-DSCF2780.jpg
H様
埼玉県

防草シート設置工事はケーブル断線の少ない工法にて行います。

防草シートの施工はマイティーにお任せください。