施工手順

施工手順の紹介

1.草刈り・整地
2.防草シート敷き込み
3.防草シート圧着準備
4.防草シート圧着
5.外周部の施工
6.浮力止め(杭・ピンの使用量が従来の65%OFF)
それでは順に詳しく説明していきます。

1.草刈り・整地

草刈り:
マイティーシート(防草シート)の施工前には必ずシート設置エリアの除草作業を行います。草刈り機で除草した場合に茎が残っている上にシートを施工すると、そのシートの上を歩いた際に茎によってシートを損傷させる場合がありますので茎もきれいに除去するのをお勧めします。
整地:大きな石(握りこぶし以上)は撤去する。地面の凹凸は無い方が望ましい。(右の写真くらいだと良い施工が可能)

2.防草シート敷き込み

シートの敷き込み方向は、地面の勾配方向によって決定します。マイティーシーラー施工の場合は、勾配に対して垂直にシートを転がします。また、杭(ピン)施工の場合は、地面の勾配に対して垂直、更に地盤の勾配の低い方から順次に施工します。

3.防草シート圧着準備

マイティーシーラー施工の場合、圧着部分の仮止めを行います。マイティーシーラーは防草シートと防草シートの長手を3cm折り上げてシートの裏面と裏面が接する形状を作り、これをホッチキスにて仮止めをします。ホッチキスの仮止めピッチは20cmを推奨しています。
  防草シートの上は土足厳禁とすることを推奨しています。靴での歩行はシートを傷つけ防草シートの機能を低下させてしまいます。

4.防草シート圧着

仮止めした突起部分をマイティーシーラーにて連続圧着します。マイティーシーラーでの圧着は出来るだけ地面に近い位置にて圧着するのがポイントです。マイティーシーラーはレンタル可能ですのでマイティーシーラー専用サイトからお問い合わせください。
>>>マイティーシーラー専用サイト

マイティシーラーによる圧着施工
動画の中で作業している方はこの日初めてシーラーを触りました。
初めての方でも、簡単に素早くシートを固定していく様子をご覧ください。

マイティシーラーの作業スピード
初めて使う方でもコツや習熟は必要ありません。
誰でも1時間あたり100mもの圧着作業が可能です。

5.外周部の施工

シートの外周部の施工は重要です。それは、シートを施工した全体が1枚の大きなシートになるからです。特に空き地への施工の場合はシートに浮力がかかりますので外周部分は杭(ピン)での施工ではなく、溝を掘ってシートをモルタル(推奨)にて埋める方法をお勧めします。(モルタル以外での埋め戻しの場合は専門家への相談が必要です)

6.浮力止め(杭・ピンの使用量が従来の65%OFF)

 防草シートを空き地へ施工すると、防草シートは一体の大きな風呂敷となり浮力が発生します。5.の様に外周部を止めるだけでは、浮力に耐えることができません。そこで、杭(ピン)とロープを使って浮力リスクに備えます。杭(ピン)は20cm以上5mピッチに打設し、杭(ピン)をトラス状にロープで結びます。この際に従来施工とマイティーオリジナル圧着施工とでは、使用する杭(ピン)の数量が大幅に減少します。例えば太陽光発電所への防草シートの設置の場合の工事中の注意点は電線(ケーブル)の断線事故です。杭(ピン)の少ないマイティー圧着工法は断線事故の軽減に注目されています。