防草シートのリスク

 防草シートを設置するリスクもあります。マイティーに寄せられる防草シートに関する質問を基に防草シートのリスクをまとめてみました。

防草シートを敷く上でのリスク

1.保証が無い
 通常、防草シートには保証がありません。これは、設置場所、設置状況、施工方法が物件毎に異なり、防草シートメーカーにとって使用特定項目が多く保証に対するリスクが高いからです。
2.設置・施工基準が曖昧
 防草シート設置・施工に関しての明確な基準がありません。通常、防草シートの施工は過去の施工の経験を基に施工者が決めているだけです。
 特に防草シートのジョイント部(防草シートと防草シートの継ぎ目)施工には数値化できる基準がなく、施工業者によって杭(ピン)の長さ、間隔が違います。
3.保守メンテナンスが必要

 防草シートを敷くと太陽光パネルと同様に野ざらし状態になります。野ざらしの防草シートは暴風、大雨、動物被害等の発生により現場の状況が日々少しづつ変化します。これらの原因で防草シートの設置状況が変化していきますので防草シートの設置効果を継続させるためには保守メンテナンスの必要があります。

除草リスクの回避は防草シートを敷くことで解決出来る

 リスク項目  リスクヘッジ方法
1.保証が無い 10年間の保証付き 防草シートマイティーシートの採用で解決
 2.設置・施工基準が曖昧 マイティーは、保証基準として設置・施工基準を完備している。
3.保守メンテナンスが必要  マイティープラス(防草シート保守・メンテナンス制度)がある。

10年保証のマイティーシートとマイティープラスをご検討ください。